【Mac】3年間使った感想。

今回は2013年3月に購入したMacのお話です。


スペック

現時点のものです。

  • モデル
    • iMac (21.5-inch, Late 2012)
  • OS
    • macOS Sierra 10.12.1 (16B2657)
  • プロセッサ
    • Intel Core i5 2.9GHz 4コア
  • メモリ
    • 8GB 1600MHz DDR3
  • グラフィックス
    • NVIDIA GeForce GT 650M 512MB

参考: ニコニコベンチマーク Lv.10 [3840×2160 90fps]
(ZenzaWatchで再生、他のアプリケーション起動中)
sm14174177

Windowsとどう違う?

僕は学校でWindowsを使い、家でMacを使っているので、
仕様の違いには適応しています。

でも最初は困惑しました。事前に調べていたとはいえ。

キーボードが違う

Windowsで、「Ctrl」や、「半角/全角」などをよく使いますよね?

Macでは、「Ctrl」が「⌘Command」に置き換わり、
半角/全角」が、「英数」と「かな」に置き換わります。

入力モードの切り替え

Macでの入力文字の切り替えは、「英数」と「かな」で行います。

英数」を押すとアルファベットと数字のみの状態になります。
「ohayougozaimasu」

かな」を押すと、日本語の入力が可能になります。
「おはようございます」

とてもシンプルです。

僕にとってはかなり使いやすく、今どのモードかわからなくなったとき
とりあえず押しておけば絶対変わるので^^;

ウィンドウが違う

画像の通りです。

最大化、最小化、閉じるボタンが左側か右側の違いです。

僕は困惑することなく直ぐ慣れました。

全アプリ共通の仕様の違い

Windowsではウィンドウを閉じたらそのアプリは終了しますが、

Macにインストールできるアプリは、
基本的にウィンドウを閉じても終了しません。

終了するには、Dockと呼ばれる画面下部に常に存在する、
タスクバーのようなものです。

ここから起動しているアプリ(起動しているとアイコンの下に●が表示されます。)
をコンテキストメニューから終了させます。

これは少し面倒ですけど起動し直さなくてもいいという利点があります。

中には ウィンドウを閉じる = アプリ終了 のものもありますが。

初期状態のマウス設定

セットアップしてすぐの状態だと、
Magic Mouseでの右クリックができません『でした』。

現在はわかりませんが、購入当初、Magic Mouseでマイクラを遊んでいたら
右クリックができないことが判明しまして、それで色々悩みました。

ちなみに、
右クリックは、『control』キーと左クリックでもできます。

フォルダ管理アプリの違い

Macでのファイル編集は、『Finder』(ファインダー)と呼ばれるアプリで編集します。

Windowsでは、『Windowsエクスプローラー』ですよね?

各アプリのアイコンをクリックしてウィンドウを呼び出すと、

  • Mac
    • /Users/axtuki1 のパスが表示される。(axtuki1はユーザー名)
  • Windows
    • 『ライブラリ』が表示される。
  • ※設定はデフォルト。どちらも変更可能。

と、Windowsでは(僕は)使いもしないライブラリが表示されるのに対し、
Macではお世話になりがちのホームディレクトリが表示されます。

Macどうよ?

僕個人の感想です。鵜呑みにしないでね。

Goodです。
ポイントは、

  • 付属のフォントが高価な物。
  • フォントのアンチエイリアスが効いている。
  • iOS製品との連携がすごい。(ユニバーサルクリップボードなど)

以上です。

でもやっぱりWindows専用のものが使えないのはちょっと困りますね^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする