有名なYouTuberの話。

ども。

最近のYouTuberについて思うことがあるので書きます。

※人名については敬称略とさせていただきます。

この記事はあくまで個人的な感想です。
感性は人それぞれでいいんです。
この記事に流されないように。
自分の意見をちゃんと持ちましょう。(なんで説教してんだ)


HIKAKINや、瀬戸弘司などのYouTuber。

有名になってくると、視聴者を飽きさせない工夫が必要になってきます。

同じように動画やそのサムネイルのクオリティーのセンスも問われます。

今回は、HIKAKIN、瀬戸弘司、はじめしゃちょーについて書いていきます。


HIKAKINの場合

[チャンネルリンク]

編集箇所・環境(推測)

使用PCはMac Pro。
使用編集ソフトはおそらくPremiere Pro。

OPはここ最近固定。

EDはここ最近存在しない。

映像編集は、

  • BGM、SEの追加。
  • 映像のカット。
  • 映像のズーム。
  • 収録済み音声の編集。
  • 実写とゲーム画面を合成するクロマキー。
  • 字幕の表示。
  • 映像へのフィルター。

程度。

サムネイル

製品の写真が基本的に左側。

自分のどアップ画像が右側に。
(大体決め顔か変顔。)

個人的な感想

  • 変顔うざし。そんな何度もやられたら見る気失せる。
  • 編集が最低限なのはいいけれど、
    箇条書きぐらいはしてほしい。

あとYouTubeテーマソングにHIKAKINが関わってない点が気になる。
(曲について。ボーカルのことじゃない。)


瀬戸弘司の場合

[チャンネルリンク]

編集箇所・環境(推測)

使用PCはMac Pro。
使用編集ソフトはPremiere Pro。

OPは固定。

EDは変則。

映像編集は、

  • BGM、SEの追加。
  • 映像のカット。
  • 映像のズーム。
  • 収録済み音声の編集。
  • 背景と人物を合成するクロマキー。
  • 紹介する製品についての箇条書きや画像の表示。
  • 映像へのフィルター。
  • 短いクリップの繰り返し再生など、MADチックな編集方法。

程度。

サムネイル

人物の場所が変則的。

動画の主役や伝えたいものを短い文章で表示。
文字を人物の後ろにするなどこだわりが見える。

顔についてはHIKAKINより控えめ。

個人的な感想

  • 編集や映像や音声へのこだわりを感じる。
  • 自分をMAD動画のネタによくできたなと思った。
  • 劇団に入っているからか、寸劇へのこだわりがあって、
    視聴者を飽きさせない何かを感じる。

はじめしゃちょーの場合

[チャンネルリンク]

編集箇所・環境(推測)

使用PCはMac Pro。
使用編集ソフトはFinal Cut Pro。

OPはなし。

EDは固定。

映像編集は、

  • BGM、SEの追加。
  • 映像のカット。
  • 映像のズーム。
  • 画像の表示。

程度。

サムネイル

短い単語を大きく表示し、
主役となる製品の画像がさりげなくレイアウトされている。

個人的な感想

  • 必要最低限の編集でここまで面白くなるのは一つの才能だと思う。
    疾走感と、映像にあったBGMとSEとナレーションが
    視聴者を笑いへと誘う…かどうかはわからないけどそんな感じ?
  • 飽きさせない動画内容もよくやろうと思ったなと感じる。

以上、最近のYouTuberの代表的な3名(UUUM所属)を書かせていただきました。

HIKAKINは嫌いです。変顔がうざったいです。

正直、UUUMも嫌いです。(関係ない)

…ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする