自己満足したいがために存在する場所

特に見る必要もないけど、見てみると人にとっては面白…くないか。

各項に意見したい場合は、下の目次の番号書いてくだちい。


電車の広告にステッカー貼られてる件

うん。

馬鹿としか思えない。まず犯罪だしね。

刑法第261条
前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

器物損壊罪における『損壊』とは、
社会通念的にみて『物の効用を失わせる行為』を意味します。

器物破損罪 – Wikipediaより

この場合、広告としての効用を失わせてる(広告の上にステッカー貼ってる)ので、
上の文章からは器物破損罪となりますね。

でもこれは、親告罪だから、

器物損壊罪は親告罪であり(刑法264条)、
損壊された物の本権者または適法な占有者が告訴権を有する
(最判昭和45年12月22日刑集24巻13号1862頁)。

器物破損罪 – Wikipediaより

という文から、告訴権を持っている人(この場合、電車を管理しているJR?)が、
「アウトー」って言わなきゃこっちとしては(直接的なことは)何もできない。

できることといえば、駅員さんとかに通報するとか。

おっと、ここまでで『アベ政治を許さない』に触れた事ありますかね?

反論するときはその点踏まえてから論理的に述べましょう。喧嘩腰じゃなく。


最近聞かなくなってきたいじめの件

ほんとに聞かなくなってきたよね。うん。

「あっじゃあいじめって少なくなって来たんだね!いじめ対策効果あるんだwwwww」

それは絶対にないね。

….あの、いじめって意外とあるんすよ。

大人の目が届かない所… 意外と家とか….
挙げたら挙げきれないっす。

正直言うと、

いじめ対策は資金の無駄。

と思う。

理由は、

いじめられた側から色々策は仕込めるでしょう。

小型カメラを服に仕込むとか…

まぁとりあえず、”誰にいつどうやっていじめられた“かを証拠として
手に入れば学校に突き付けるなり、裁判起こすなりできるでしょう。


ここまで。

お疲れ様。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする